エンタメ

リナ・サワヤマのタトゥーがオシャレで可愛い!経歴や国籍もチェック!

こんにちは!

 

イギリスを拠点に活動中で「日本版ガガ」と評されている日本人のミュージシャンの「リナ・サワヤマ」さん。

 

今回米俳優キアヌ・リーブスさん主演の大作映画の最新作でリナさんが女優デビューを果たすことが決定し話題になっています!

今回はリナ・サワヤマさんの経歴などを含め、体に彫っているタトゥーの情報も込めてご紹介したいと思います。

題して「リナ・サワヤマのタトゥーがオシャレで可愛い!経歴や国籍もチェック!」という事でご紹介していきますので、最後までご覧いただければ幸いです。

 

それでは早速、いってみましょ~!

 

リナ・サワヤマ|タトゥーがおしゃれで可愛い!

海外で活躍しているミュージシャンの「リナ・サワヤマ」さん。まずはリナさんがファッションとして体に彫っているタトゥーについて覗いてみましょう!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

リナ・サワヤマさんは2019年にドキュメンタリー番組「情熱大陸」で放送され、一時話題に上がりました。これをみてリナさんの事を知った方々が多いように思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

その中でも番組内でリナさんの体に彫られていたタトゥーが可愛いと評判になっていました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

 

情熱大陸で知った。リナ・サワヤマさんのタトゥー可愛い
リナさんのタトゥー好きだな。ファッションって感じでポイントポイントの付け具合で良い

 

 

リナさん始めて知ったけど、歌もうまいしタトゥーもセンスあっていい!
リナ・サワヤマさんのファッションタトゥーほんとおしゃれって思うの自分だけ?

 

どうやらリナさんは一部だけでなく、全体的に要所々々タトゥーを施しているようです。

上記の口コミでもありましたが、上記に山口百恵さんのタトゥーだったり、ラーメン?のタトゥーが入っていたり、色々とユーモアがあるようです。

 


引用:Twitter

 

腕や手の甲以外にも、大胆に側面にもタトゥーを施していたりするんですね!

確かにこれだけのタトゥーを施していれば、何かのメッセージ性があるのかな?と感じますし、全貌が気になってしまいますね♪

 

リナ・サワムラ|国籍はどこ?経歴などもチェック!

今回、米映画の出演がきまったリナ・サワヤマさんの経歴などをここからは追っていきます^^

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

生年月日 1990年8月16日

出身地 新潟県

身長 171cm

得意料理 餃子

レーベル Dirty Hit(英語版)、avex trax(日本版)

 

リナ・サワヤマさんはイギリスを拠点に活動している女性シンガーソングライターです。音楽プロデューサーでもあり、ファッションモデルとしても活動しております!

 

本名は澤山理奈(さわやま りな)さん。新潟で生まれてしばらくして東京へ移住。リナさんが4歳になった時にご両親の仕事の都合によりイギリス・ロンドンへ渡りました。

 

仕事の都合とはいえ、リナさんにとってはイギリスの生活が自分にフィットしていたそうで、仕事の任期が終わった後も母親と共に日本に帰らずに残りました。

 

そんなリナさんの幼少期は「歌を歌ってばかりいたちょっと変わった女の子」だったそうで、ご両親は海外で暮らしていた方が良いだろうと判断したんだそう。

 

↓リナさんの学生の時のお写真をSNSでアップされていました^^可愛らしいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

イギリスのノース・ロンドンにある日本人学校にリナさんは通い、大学では「ケンブリッジ大学」を選び進学。政治学を学びます。

リナさんが17歳になった時。仲間を募ってR&Bバンドを結成して音楽活動をはじめます。

 

趣味として活動していたのですが、段々本格的になっていきリナさん一人で自然と音楽を始めるようになりました。

ケンブリッジ大学を卒業した後は本格的にアーティストとして行動を開始。

 

作詞から作曲までのプロデュースはもちろん、ミュージックビデオの総監督まで勤め上げ、リナさん自身の才能がどんどん開いていきます。

また、音楽活動以外にもイギリスのカルチャー誌「Dazed」や、ニューヨークの音楽誌「The FADER」など、様々な音楽関連の雑誌にに取り上げられるなどして、

日本、海外問わずリナさんのファンション性が芸能関係者の目に止まりはじめます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

2017年にはミニアルバム「RINA」をリリース。この楽曲が「新らしい才能の出現」と世間から注目を浴びることになります。

 

2019年には情熱大陸に出演。自身の表現を惜しみなく世に出していくその生き方から「ネクストレディーガガ」と呼ばれるようになりました。

 

 

更にイギリスの現地メディアが選ぶ「2017年の知っておくべきアーティスト」、「次世代を担う100人」といった総評にもリナさんは選ばれる事となります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

そして2021年のキアヌ・リーブスさんが主演の映画「ジョン・ウィック」にメインキャストで女優として出演することが決まり、アーティストとして様々な分野で大活躍中です!

 

リナさんの国籍は?

リナさんの国籍は現在は「日本」とのことです。

日本で生まれてすぐにイギリスへ渡りましましたが、日本の法律では現在二重国籍は認められておらず、イギリス国籍は持っていません。

 

ですが、イギリスでの永住権は持っているのでイギリスに住むに限っては特別困った事は発生していないようです。

何かを受賞した時や資格を取る際は国籍が重要になってくるところも多いようですが、現状は日本のままで活動されています。

 

独自性のある楽曲の数々

好きなことをやるには、まず自分が曲をかけるようにならないといけない」と子供の頃から行っていたリナさん。

 

有言実行する心の強さも持ち合わせていて、自分の可能性は自分で開くというのをモットーに人生を歩んでいらっしゃる印象があります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

 

そんなリナさん。曲作りの際に影響を受けたのは日本では「椎名林檎」さんと「宇多田ヒカル」さん。

 

海外では2000年代初期に発信していたアメリカの

R&Bやポップ、ロック(マライア・キャリー、デスティニーズ・チャイルドさんなど)の影響を受けて、その両方を交えたような楽曲を提供しています。

 

 

 

 

 

 

 

ポップやバラードなど雰囲気重視の楽曲はもちろん、透き通った歌声で、形のない流動性のある楽曲まで手掛けているリナさん。

 

様々なところから影響を受けたからこそ感性も鍛え上げられ、手に入れることができた才能でもあると思います^^

 

リナ・サワヤマさんのこうした曲はYou Tubeで見ることができますので、ぜひご覧になって見てくださいね♪

今後もミュージシャンとしてどんな活動を続けていくのか、楽しみです!

 

まとめ

今回は題して「リナ・サワヤマのタトゥーがオシャレで可愛い!経歴や国籍もチェック!」ということでご紹介させていただきました!

 

日本に生まれ、イギリスを拠点にして活動しているアーティストのリナ・サワヤマさん。

国籍は「日本」ですが、音楽に国境はないという勢いで現在も音楽を通して世界中の方々を魅了している女性でした!

 

またファッションモデルにも挑戦し、自身のタトゥーもSNSで披露するなど、非常にメッセージ性の強い方なんだなと感じました。

 

音楽プロデューサーやMVの監督をも手掛けており色々な業種に取り組んでいるリナさん。今回は女優デビューということで、ますます経歴が飛躍していきますね^^

 

今後はどういった方向性で打ち出していくのか!?リナさんの活躍を応援したいと思います!

それでは今回はここまで!ご覧頂きましてありがとうございました。