映画

シン・ウルトラマンが怖い!不気味な宇宙人らしさにネットの反応は?

こんにちは!mikiです!

12月14日、円谷プロダクションが開催の「TSUBURAYA CONVENTION 2019」が行われ、2021年に公開予定の「シン・ウルトラマン」のビジュアルが公開されました。

今回公開されたウルトラマンはデザイン生みの親である成田亨さんが望んでいたビジュアルに合わせたようで、カラータイマーを無くしたウルトラマンとして話題となっています。

確かにこれまでのウルトラマンからは考えにくく、3分経過前にカラータイマーが鳴るという切迫した戦いが印象的だっただけに複雑な思いの方も多いようですね(笑)

しかし、カラータイマーがない事もそうですが公開されたシンウルトラマンのビジュアルを見て、不気味!怖い!というコメントがたくさんあがっています。

今回はそんなネット上の意見をまとめてお届けしていこうと思います。

題して「シン・ウルトラマンが怖い!不気味な宇宙人らしさにネットの反応は?」という事でご紹介してまいりますので、最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

シン・ウルトラマンが怖い!Aタイプ?

ビジュアルを確認した方からは、率直な意見として「怖い」というコメントが多いですね?(笑)

Twitter上でも意見が多くありますが、顔つきはAタイプ寄りで原点にかえった感じはありますが、たたずまいが不気味で怖いですよね?(笑)

ただ、これは怖いという表現がネガティブな意味合いかというとそうでもなく、いい感じに怖いのが好き!という意見が多いのです。

シンウルトラマンの変更点は以下3つ

  • 眼の部分に覗き穴を入れない
  • スーツ着脱用ファスナーに伴う背びれを付けない
  • カラータイマーを付けない

という事ですが、カラータイマーがなくなっただけで雰囲気が変わったというよりは、全体的にAタイプマスクの印象付けも多く、いい意味で怖い初代ウルトラマンを連想させる仕上がりになっているのではないでしょうか?

シン・ウルトラマン!不気味な宇宙人らしさにネットの反応は?

シン・ウルトラマンが怖い!という意見と同様に宇宙人みたいで不気味・・・というコメントも多くあがっています。

まぁウルトラマンは宇宙人なんで、そう思われて正解だとは思うのですが・・・(笑) 宇宙人感が半端ないのは理解できます。

こちらも良い意味で、不気味な宇宙人らしさを取り戻したという称賛のコメントが多かったりします。

ここ最近のウルトラマンはビジュアルがカッコイイので、突然初代寄りビジュアルで登場したシンウルトラマンはインパクトが大きいですね(笑)

不気味さんと怖さと宇宙人らしさを取り戻した感じで、怖いけどなんかいい!!って感じです。

カラータイマーがない理由も気になりますね↓

シンウルトラマンなぜカラータイマーなくした?3分の制限も気になる!こんにちは!mikiです! 円谷プロダクションが開催する「TSUBURAYA CONVENTION 2019」のオープニングセレモ...

 

まとめ

今回は「シン・ウルトラマンが怖い!不気味な宇宙人らしさにネットの反応は?」と題しましてご紹介いたしました。

世間の評価は、怖い、宇宙人ぽい!という声で溢れかえっていますが、映画自体は楽しみにいている方も多いようですね。

カラータイマーがない事で3分以上戦えるか?等の疑問も上がっているようですが、ビジュアルと同時に設定等も謎が多くて興味が沸きます(笑)

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!