エンタメ

YOSHIは生意気で無理?タメ口で好きになれないとネットの声も!

こんにちは!mikiです!

モデル、歌手、俳優としても活躍する16歳のYOSHIさんが話題となっています。

2019年11月3日のバラエティー番組「行列できる法律相談所」であの「さんま」さんにもタメ口を聞く大物ぶりを発揮していましたが、ネット上では批判的な意見が多いようです(笑)

そもそもYOSHIて何者?と思ったりするのですが、ネットの声と合わせてご紹介していきたいと思います。

題して「YOSHIは生意気で無理?タメ口で好きになれないとネットの声も!」という事でお届けしていきますので最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

YOSHIは生意気で無理?嫌いと言われるが何者なの?

とにかくネット上でも生意気!という声が多いYOSHIさんです。16歳という若さからまだ許せるという事もありますが、無理!といった意見が大多数です(笑)

自由人というか傍若無人というか、やはり感性が日本人とは少しかけ離れている雰囲気もあり、挨拶や言葉使いといった礼儀礼節を大事にする方にとっては生理的に無理な話かもしれませんw

ハッキリと好き嫌いは分かれるタイプでしょうが、これがテレビで流れさらにあの さんまさんに対する態度は生意気と捉えられても仕方ないですね。

でもそんな自分に対する評価も分かった上で我を貫き通すタイプに見えますので、その点海外からファッション等の評価も高いでしょう。

そもそもYOSHIさんとは何ものなのでしょうか・・・

YOSHI(ヨシ)のプロフィール

  • 本名:佐々木ヨシズミ
  • 年齢:16歳(2019年11月現在)
  • 生年月日:2003年2月6日
  • 出身地:広島県
  • 年齢:16歳(2019年11月現在)
  • 事務所:STARBASE(スターベース)

YOSHIさんはInstagramでのフォロアーが84万人を越えているようです。まさにインフルエンサーですね(笑)

モデルとして活躍していますし、俳優としても主演でデビューしていました。

菅田将暉さん、仲野太賀さんと共演して主演を務めている事から何者?と思いますよね?(笑)

さらに歌手デビューもしている事から、かなり注目度の高いマルチな才能の16歳として取り上げれる程です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yoshi.226)がシェアした投稿

芸能人の子供か何か?と思う方が多いと思うのですが・・・

香港出身の父親と日本人の母親のハーフという事で特に芸能界で活躍される両親ではないようです。

しかし、ネット上の情報だと父親は大手家具会社である大企業のインンテリアデザイナーで海外にも進出している程だそうです。

母親もお仕事はされてるようで役職がある肩書きのようですので、かなりお金持ちの家である事は想像できます。

 

YOSHIは生意気で無理?タメ口で好きになれないとネットの声も!

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yoshi.226)がシェアした投稿

これだけマルチな才能の持ち主である事から、多くの著名人と触れ合う機会も多いと思うのですが、ことごとく同じようなテンションで接しているんだと思われます。

若気の至りという言葉もありますが、ネット上ではとにかく生意気、無理、好きになれない!という意見が多いのでご紹介していきますね!

人相からにじみ出てくる何かがあるんでねぇ、きっと(笑)

とにかく、生意気、ムカつくという声が多いです。自由な生き方に羨ましさを感じるのも確かにあるかもしれないですね。怖いもの無しというか・・・そういう生き方なのでしょう!

 

このようなタイプは賛否両論あるのは当然ですね!しかし圧倒的に不安する事が多かったのは事実です(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yoshi.226)がシェアした投稿

多くの有名人とのインスタ画像がありました!ローラさんはなんかタメ口ぐらいが似てるので気が合うのかもしれないですが・・・視聴者としてはちょっと違いますよねー

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yoshi.226)がシェアした投稿

流石に安倍総理との画像はビビりますw マジで何者ですか?って意見がすごいでしょうね!

まとめ

今回は「YOSHIは生意気で無理?タメ口で好きになれないとネットの声も!」と題しましてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

やはり、日本人にとっては受け付けがたいタイプである事は間違いないでしょう。年齢からも生意気と思われるのも仕方ないです。

こちらも個性を生かしてある意味成功者とも言えますので、総合して考えると別にテレビに出てこなくてもいいじゃん?という思いが多いんだと思いますね。

日本人として世界で活躍する分にはもちろん応援していきたと思いますが(笑)

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!