スポーツ

U-23カタール戦VARの意味は?田中碧のレッドカードに疑問の声!

こんにちは!mikiです!

2020年1月15日U-23サッカー日本代表VSカタールの試合が開始されました。

日本代表にとってもなんとか一勝は欲しいところでしたが、前半のアディショナルタイムに田中碧がレッドカードの一発退場となり疑問の声が爆発しています・・

VAR判定にも関わらず退場ということで日本にとって不利な戦いでしかないように見えます。今回はそんなカタール戦の田中蒼のレッドカードについてネットの声を合わせてご紹介していこうと思います。

題して「U-23カタール戦VARの意味は?田中碧のレッドカードに疑問の声!」という事でご紹介していきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう!

U-23日本代表VSカタール戦VARの意味は?

ネット上でも意見が上がっていますが、そもそもVARの意味が何なのか?分からなくなってくる判定でしたねw

動画を観ても分かるように、確かに田中碧が足の裏を見せているように見えますが、故意に足を出した悪質なファールには見えません。

微妙な判定だからこそVARで主審は確認している訳ですが、この映像では故意ではない事が判明できると思いますが、レッドカードはちょっと有り得ないと思うところです・・・

後半戦には10人で戦う日本代表が小川航基選手の得点で先制します。しかし再度謎の判定でカタールのPK・・・

ここでもVARによる確認が入ったと思いましたが、明らかにファールに見えない状況でカタールのPKによる得点で同点!

本当にVARの意味って?・・・と思う判定に不満を感じてしまいます。

U-23カタール戦!田中碧のレッドカードに疑問の声!

田中碧のレッドカードや審判の判定に対してネットの声も見ていきましょう!

控え目に言っても今回の日本代表はちょっと可哀想だなーって思いますし、同様の意見がTwitter上でも溢れています。

本当にVARは事実を確認するだけであって判断を下す審判によっては何の意味もなさないと思わざるをえませんね・・

しかし、今回の日本代表は一人少ない状況でも頑張ったと言えるのはでないでしょうか?

まとめ

今回は「U-23カタール戦VARの意味は?田中碧のレッドカードに疑問の声!」と題しましてご紹介してきました。

東洋の笛を思い出すような日本にとって不利でしかない、主審に対して不満しか感じない戦いでしたね・・・

あからさまに日本にとって厳しい判定を下す審判にはネット上でも炎上するのは仕方ないですね(笑)

今後もVARの公平な利用方法を期待するコメントが多い点には納得しますね。

それでは今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!