スポーツ

サッカー新ユニフォームがダサいwなぜ番号が見えにくいデザイン?

こんにちは!mikiです!

サッカー日本代表の新ユニフォームのデザインが発表され、代表選手が実際に着用し試合に臨む姿も見るようになりました。

東京オリンピックへ向けて今回の新ユニフォームがデザインされた事もあり大変注目されていましたが、公開した直後か世間では「ダサい」「カッコ悪い」という評判が相次いであがっていましたね(笑)

迷彩柄に見えるユニフォームにも批判的な声がありましたが、完成されてユニフォームですので、変更する事もなく試合でも見る事ができます。

しかし、実際のサッカーの試合を見ているとダサい!という点もありますが、背番号が見えにくいという声も多く上がっていましたので調べてみました。

題して「サッカー新ユニフォームがダサいwなぜ番号が見えにくいデザイン?」という事でご紹介して参りますので、最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

日本代表|サッカー新ユニフォームがダサいw

日本代表のサッカー新ユニフォームがダサいとネット上で多くコメントされていますが、実際どうなんでしょうか?(笑)

なんだか何度見てもダサい!という声が多すぎて笑えるくらい評判が悪いようです・・w

 

今回の新ユニフォームは、アンビグラム作家の野村一晟氏が作成したサインオフが付くようです。

「日本晴れ」と書かれた文字を逆さにすると「侍魂」になる!という事ですが、せっかくのポイントもひとくくりにユニフォームがダサいと言われていて少し残念ですね。

全面が迷彩柄のようで、背面は無地なところもなんとなく評判が悪いみたいですね。

歴代のサッカー日本代表ユニフォームは微妙にデザインは変えてきましたが、今回ほど斬新にデザイン一新している点は、変わりすぎて受け入れるのに時間がかかるのかもしれませんね。

サッカー日本代表新ユニフォーム|なぜ番号が見えにくいデザイン?

ダサいと言われる上に番号が見えにくいというのはかなり問題ですよね。

そもそもデザインのコンセプトは何だったのでしょうか?

アディダスから発表された新ユニフォームのデザインコンセプトは日本晴れ!だそうです。

これまでの日本代表のイメージを覆す斬新なグラフィックを採用しこの濃淡5色のブルーを空に見立てた「スカイコラージュ」というデザインです。

どうしても迷彩柄に見えてしまい、「戦争を想起させる」「子供に着せられない」といったコメントが殺到していました。

デザインコンセプトの日本晴れをイメージした!という事ですから・・・その結果そこそこ柄が入ってしまい番号も見えづらい新ユニフォームが誕生したというところでしょうか。


この青のユニフォームに赤い番号だと、確かに何番なのか見えにくいですよねぇ・・・

世間の反応は本当にダサい!という意見と番号が見えない!という声が圧倒的に多かったです。

このサッカー日本代表新ユニフォームの評価という点ではかなり低いようですね(笑)

まとめ

今回は「サッカー新ユニフォームがダサいwなぜ番号が見えにくいデザイン?」と題しましてご紹介してきました。

代表ユニフォームは定期的に変更されていきますが、今回はこれまでと違いちょっと冒険してしまった感はありますよね?(笑)

今までのようなシンプルなブルーから柄を取り込んでカッコイイデザインにしようと挑戦したところ否定的な意見が多くでてしまった結果になります。

見慣れてくれば、カッコ良く見える可能性もありますが、なにせ実際の試合を見ていて番号が見えにくい・・・というのはちょっと致命的ですよね。

まぁこのユニフォームで東京五輪も着用されるようですので、今後の見ている側が慣れていく必要がありそうですねw

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!