スポーツ

世界柔道2019男子試合結果と組み合わせ日程まとめ!

2019年8月25日から、いよいよ2019世界柔道選手権が開催されます。

年に1度の世界柔道選手権ですが、9年ぶりに東京で開催!という事で

注目度も高いですね!気になる選手もチェックしておきましょう!

2019世界選手権東京大会の対戦組み合わせや

日程、結果速報についてご紹介していきます。

世界柔道2019|日程

 

開催日程:2019年8月25日(日)~9月1日(日)

8月25日(日)

男子個人戦60kg級|女子個人戦48kg級

開会式:18時30~

予選ラウンド:12時~ 決勝ラウンド:19時~

8月26日(月)

男子個人戦60kg級|女子個人戦48kg級

予選ラウンド:12時~ 決勝ラウンド:19時~

8月27日(火)

男子個人戦66kg級|女子個人戦52kg級

予選ラウンド:11時~ 決勝ラウンド:19時~

8月28日(水)

男子個人戦81kg級|女子個人戦63kg級

予選ラウンド:11時~ 決勝ラウンド:19時~

8月29日(木)

男子個人戦90kg級|女子個人戦70kg級

予選ラウンド:13時~ 決勝ラウンド19時~

8月30日(金)

男子個人戦100kg級|女子個人戦78kg級

予選ラウンド:13時~ 決勝ラウンド19時~

8月31日(月)

男子個人戦100kg超級|女子個人戦78kg超級

予選ラウンド:13時~ 決勝ラウンド19時~

9月1日(日)

男女混合団体戦(男子73kg級|90kg級|90kg超級/女子57kg級|70kg級)

予選ラウンド:13時~ 決勝ラウンド19時20分~

世界柔道2019男子試合結果と組み合わせまとめ!

 

高藤 直寿の試合速報結果まとめ|男子60Kg級

60Kg級男子では、高藤直寿選手と永山竜樹選手の日本人決勝対決が期待されましたが、

高藤直寿選手は準々決勝で一本負けとなってしまいました・・・

 

高藤 直寿の試合速報結果まとめはこちら!

高藤直寿試合結果

永山 竜樹の試合速報結果まとめ|男子60Kg級

永山竜樹選手は準決勝で敗れてしまったものの、3位決定戦ではライバルの高藤直寿選手を破り2年連続の銅メダルを獲得しました。

永山 竜樹の試合速報結果まとめはこちら!

永山竜樹試合結果

 

丸山 城志郎の試合速報結果まとめ|男子66Kg級

日本人対決の準決勝は丸山選手が勝利しました!!

そして決勝戦も勝利!!

世界柔道2019男子66Kg級1位!金メダル獲得です。

 

丸山城志郎試合結果

 

阿部 一二三の試合速報結果まとめ|男子66Kg級

阿部一二三選手!強すぎる・・・w

圧倒的勝利で勝ち上がっていきましたが、準決勝日本人対決で

丸山選手に敗北・・・

3位決定戦で勝利しましたので、銅メダル獲得!

 

阿部一二三試合結果

 

大野 将平の試合速報結果まとめ|男子73Kg級

オール一本勝ちで進んでいく大野選手!強すぎる(笑)

 

大野将平試合結果

 

藤原 崇太郎の試合速報結果まとめ|男子83Kg級

2019世界柔道大会でもメダルが期待されていた藤原選手でしたが

まさかの2回戦敗退・・・となってしました!

藤原崇太郎試合結果

 

向 翔一郎の試合速報結果まとめ|男子90Kg級

柔道界の異端児が勝利を重ね決勝まで進みましたが、

残念ながらオランダのVAN T END NOELに敗北!

金メダルを逃しました・・・

向翔一郎試合結果

 

ウルフアロンの試合速報結果まとめ|男子100Kg級

2大会ぶりの金メダルならず準々決勝で敗れてしまったウルフアロン選手!

ウルフアロン試合結果

 

原沢久喜の試合速報結果まとめ|男子100Kg超級

いよいよ男子個人戦も最終日となります。

最後の100Kg超級でもメダル獲得できるのか期待が高まりましたね!

しかし、結果は残念ながら決勝戦で敗れて2位!

銀メダル獲得はおめでとうございます!

 

原沢久喜試合結果

 

男女混合団体戦|試合速報!結果まとめ!

世界柔道2019男女混合団体戦!試合結果とトーナメント表も!

1回戦

 

日本:シード

2回戦

 

日本 4-0 韓国

準決勝

 

日本 4-0 ブラジル

決勝

 

日本 4-2 フランス

 

結果

日本団体戦1位!三連覇達成で金メダル獲得!

まとめ!

今回は「世界柔道2019男子試合結果と組み合わせ日程まとめ!」と題しましてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

結果的に日本は金メダル4/銀メダル6/銅メダル5という結果でした!

2020年の東京オリンピックに向けて、世界柔道2019はとても盛り上がりましたねw

東京大会である事からいつも以上に注目された大会だったのではないでしょうか。

このまま日本の柔道界を楽しい応援していきたいですね!

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!