ニュース

ADHDと徳井義実が援護されるのはなぜ?ネットの意見も紹介!

こんにちは!mikiです!

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんの申告漏れと所得隠しが発覚し連日ニュースで話題となっています。

新事実も出てくるなか、10月26日には活動自粛も決定したようで、レギュラー番組含み様々な方面で打撃を与えているようですね。

MCを務める番組はありましたので、今後の対応が心配です。そんな中これまで「だらしなさ」や「ルーズ」を言葉にしていた一連の騒動について、ネット上では徳井さんが言っている事がすべて事実だとすればADHDではないか?と話題になりました。

ADHDである事から問題を先延ばしにしてた点やこれまでの流れが納得できるように、徳井さんを援護される声も散見されており、この援護する声に対しても意見がたくさんあるようです。

今回は、徳井さんが何故援護されているのかと、その援護している声に対する世間の反応もまとめてみました。

題して「ADHDと徳井義実が援護されるのはなぜ?ネットの意見も紹介!」という事でご紹介してまいりますので、最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

ADHDと徳井義実が援護されるのはなぜ?

ADHDとは不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(思いつくと行動してしまう)といった症状が見られる障害のようです。

人によって症状は異なるようですが、今回の度を越えた徳井さんの言動からこの不注意や集中力がない点に近く、その回避行動による結果ではないかと言われてるようです。

実施は専門家でなければ分かりませんが、ちょっと度がすぎる不注意の過去Twitter等から、ADHDではないか?と言われそれが徳井さんを援護されるように見える方が多いみたいですね。

この情報がTwitterではトレンド入りする程注目されたため、そういう病気なのであればと徳井さんを援護するコメントも増えたのではないかと思われます。

純粋に今回の件で世間の反応では、許す許せないでどちらの議論もありましたので、それほど忘れっぽい等であれば徳井さんが会見で言っているコメントにも真実味があり、仕方ないのではないか?と思う方も急増したのは事実だと思います。

徳井さんのファンが援護したいのはもちろんの事、徳井さんは人気番組を複数出ておられますので、活動自粛にて番組がカットされたり放送がどうなるか不安の声も多いです(笑)

徳井さんがどうなるかよりも、番組を心配する方も大勢いらっしゃいます。

乃木坂46のザ・ドリームバイト!はいい例かもしれませんねw

ドリームバイトは徳井の活動自粛でどうなる?ファンの声も紹介!こんにちは!mikiです! お笑いコンビチュートリアルの徳井義実さんが1億3800万円の税金の申告漏れ問題について様々な方面で対応...

 

番組が放送中止にならなければ、問題ない事が多いです。少しでも番組に影響を与えないように自然と援護する声が出るのも仕方ないかもしれませんね。

しかし、事実としてADHDだったら許されるのか?という点では関係ないでしょうね。

ADHDと徳井義実が援護される事にネットの意見も紹介!

それでは、援護されいる声に対してもネットであがっている声をご紹介いたしますね。

皆さん、ADHDだから罪が許される訳ではない!という意見が多かったです。確かにその通りだと思います。

実際に診断されているかも分かりませんので、なんとも言えないですが・・w

逆にこの病気だからと徳井さんの口から言ったら大変な炎上になるでしょうし、仮にそうだったとしても、だったら対処は何もなかったのかな?と思う方も多いでしょうね。

やはり今後は人気番組はどうなるかも心配ですね。

徳井の活動自粛でしゃべくり007はどうなる?5人で継続?こんにちは!mikiです! お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが約1億3800万円の申告漏れを指摘された問題でですが201...

 

復帰の可能性は以下でもまとめています↓

徳井義実は今後どうなる?復帰はいつ頃か降板や編集番組から調査こんにちは!mikiです! 所得隠しと申告漏れから連日世間を賑わせているチュートリアルの徳井義実さんですが、芸能界引退か?という声...

 

まとめ

今回は「ADHDと徳井義実が援護されるのはなぜ?ネットの意見も紹介!」と題しましてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

実際に徳井さんの口からADHDという言葉が出た訳ではありませんので、症状からそのような判断とネット上で考察されるのは仕方ないと思いますが・・(笑)

援護している訳でもない方もいらっしゃるでしょうし、徳井さんのファンであり実際援護したい気持ちの方もいるでしょう。

また、人気番組を複数お持ちですので番組継続を期待する事も多いですから援護しているように見える事もありそうですね。

真相はわかりませんが、ADHDの回避行動だったとしても!という事で今回の問題はかき消されないでしょうし、今後の動向に注目したいですね。

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!