ニュース

ガリットチュウ福島が闇営業に呼ばれた理由は?ギャラも調査!

みなさん!こんにちは!

吉本興業が、反社会的勢力の忘年会に会社を通さず出席した「闇営業」問題で金銭を受け取った芸人11人を謹慎処分にしたニュースは大変話題となりました!

その後も、スリムクラブや2700といった芸人も闇営業問題で無期限謹慎を受けるなど、この問題については参加した芸人や仲介した芸人も名前があがり、後を絶たない雰囲気です。

ギャラや様々な問題が明るみになってきている現状でも、まだまだ理解に苦しむ現実もありますよね?

ガリットチュウ福島さんについては、ネット上も彼だけは許して欲しいという声が少なくないようです。

今回はそんな闇営業問題で取り上げられた芸人の1人ガリットチュウ福島さんについて調べてみました。

題して「ガリットチュウ福島が闇営業に呼ばれた理由は?ギャラも調査!」という事でご紹介してまいりたいと思いますので、最後までご覧いただければ幸いです。

それでは、早速みていきましょう!

スポンサーリンク

ガリットチュウ福島が闇営業に呼ばれた理由は?

ガリットチュウ福島が闇営業に参加していた理由は様々な憶測はありますが・・・

カラテカ入江から直接呼ばれたのではなく、宮迫に連れてこられたから?

参加理由が不思議に思われるのは、そもそも今回問題とされている闇営業が行われ時期です。

約5年前に行われた反社会勢力の忘年会に何故、ガリットチュウ福島が呼ばれたのか?ガリットチュウ福島は2017年にインスタグラムで船越英一郎のモノマネをきっかけにブレイクしだしました。

つまり2014年の時点ではほとんど無名の芸人でしたので、呼ばれたとしも誰?となる可能性が高かったですよね(笑)

当時の他の芸人をみてもガリットチュウ福島は明らかに知名度が低かったはずですね。

ガリットチュウは2000年のアメトークの企画に出演して以来、宮迫らに可愛いがられてたようです。ほとんど収入がない頃でも宮迫は福島の子供のクリスマス代を渡していたりと密な関係であったのは分かっています。

福島がモノマネ芸でブレイクしたのは雨上がり決死隊の2人がキッカケとなった経緯も大きかったようですので、5年前の当時を振り返ると宮迫に呼ばれて連れていかれた説が有力かもしれませんね。

また、もし実際にはギャラを貰っていなかったとしても福島は宮迫に不利になる発言はしないだろうと関係者は話しているそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

どうもKis-My-Ft2の宮田だよ ライブライブ! 奈々様〜カワイイ〜すごいカワイイ〜 #Kis-My-Ft2 #宮田俊哉 様 #公認だよ

ガリットチュウ福島さん(@fukushimayoshinari)がシェアした投稿 –

ガリットチュウ福島闇営業のギャラも調査!

実際にギャラの分配は以下ではないかと公表されています。

入江:50万円以上

宮迫:50万~100万円

亮:15万~20万円

レイザーラモンHG:10万~15万円

ザブングル:数万円

ガリットチュウ福島善成:数万円

ガリットチュウ福島のギャラは数万円!だったという事のようですが、実際はどんなのでしょうか・・

福島は許して欲しいという声が上がっている1つに、当時の闇営業でのギャラの使い道です。

生活費にあてた!と発言している事からです。

悪い事をして集められたお金だと知らなかった!という発言は皆さんしていますが、それに加えて実際に当時は無名でほぼ収入がなく、やっとここ数年でブレイクしたと思えば・・・と考えると確かに可哀そうな気もしないでもないですね。

生活費に費やしたというのも、妙にリアリティーがあります。

良くない事をしたのは間違いありませんが、同様の事をこれまでしたきて芸人はどれくらいいるのかな?と考えた時には、見つからない人が得をしているだけにも思います。

しかし、あくまで氷山の一角のような件ですので今後も名前があがってきてします気はしますよね?

ガリットチュウで相方の熊谷茶さんはTwitterで福島さんの娘に貰ったシールに「ごめんね」の文字が書かれた写真をアップし、ファンからは「泣けてきた」というコメントもあります。

闇営業問題に関する関連記事はこちらにもまとめています↓

まとめ

今回は「ガリットチュウ福島が闇営業に呼ばれた理由は?ギャラも調査!」という事でご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

闇営業で会社を介さず金銭を受け取っている時点で許される事ではありませんが、ガリットチュウ福島さんは、経緯等から同情される理由も分かる気もします。

今後の動向は不明ですが、復活を望む芸人さんもいますし、応援されている福島さんも、いつかチャンスをあげてほしいファンの気持ちが伝えるといいですね。

それでは今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!