Music

NICOはなんで活動終了?解散なのか壁の意味や理由が気になる!

こんにちは!mikiです!

2019年11月15日にロックバンドNICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)が活動終了すると発表されました。

このニュースを受けて多くのファンが驚きと悲しみをうったえ、Twitter上でもトレンド入りする程でしたね。

あまりにも突然の活動終了発表でしたので、整理できず解散理由が気になってしまうのですが、今回はそんな活動終了について、ファンの意見と合わせてご紹介していきたとい思います。

題して「NICOはなんで活動終了?解散なのか壁の意味や理由が気になる!」という事でお届けして参りますので、最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

NICO(ニコ)はなんで活動終了?解散なの?

NICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)は、2004年に結成されたロックバンドですが、活動終了発表したコメントにもあるように15年間活動を続けてきました。

今回この時期での終了が解散なのか、なんで?という事が多い一方、もし本当に解散なのであればメンバーの決断という事になりますよね?

ロックバンドとして活躍し、多くのドラマや映画、CMソングも担当していました。特にアニメの主題歌として「NARUTO」や「鋼の錬金術師」も担当した事があり根強いファンも大勢いたのは事実です。

しかし、めちゃくちゃ売れたバンドだったかというと、正直そこまで爆発的に知名度も広がっている訳ではありませんね。

長年続けている事から、知っている!という方は一定数いて多いでしょうがヒットした曲もそこまで有名になっていない現状もあります。

15年の活動から節目として、解散という結論に至った可能性はあるのかな?と思います。

NICO Touches the Wallsは解散なのか壁の意味や理由が気になる!

今回のコメントの流れからNICO Touches the Wallsは解散?という事だと思われるのですが、ネット上では様々な考察もされています。

まず、活動終了!と言っていますが、解散するとは記載がないからですね。

バンドグループが活動を終了すると言えば、一般的には解散を意味しそうですが・・(笑)

しかし、コメントの最後に「壁はなくなった」という文言があります。ここにファンからも「ん?」と疑問視する声が多く上がっていました。

壁はなくなった!という表現ですが・・・まずはNICO Touches the Wallsが壁だったという意味だとすると少し悲しいですよね?w

今まで活動していたグループが自分たちの壁だった事で、それがなくなったという意味なのであれば確かに望んだ解散、解放されたような表現になると思います。

しかし、ちょっとポジティブに聞こえるかもしれませんが、ファンの多くがNICO Touches the Wallsから壁をなくすような意味にも見えるといえばそれも無くはないのかな?とも思えたりします・・・(笑)

解散と言わずNICO Touches the Wallsでの活動を終了すると言っている点と壁がなくなったという表現から、改名して再度登場するのかも?という考察は確かにありかもしれませんね。

まぁ「それぞれひとりの人間として、NICO Touches the Wallsという空間を飛び出し、新たな景色を見に行きたい」という言葉からはグループ活動はしなくても何かしら今後は個々で活動するという意味にも聞こえるのですが・・・

まとめ

今回は「NICOはなんで活動終了?解散なのか壁の意味や理由が気になる!」と題しましてご紹介してきました。

活動終了の理由については発表されたコメントからは明確に判断しにくい部分はありますが、これまでもメンバーで話し合いが行わた上での決断でしょうから今後の展開に期待するしかなさそうですね。

もし解散であれば、これまで多くの名曲を残したNICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)の解散は本当に受け止めきれないファンが多いですが、仕方ない事ですね・・・

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!