映画

弱虫ペダル実写化|永瀬廉の坂道は違う?イケメン過ぎると反対の声も!

こんにちは!mikiです!

2020年1月18日「弱虫ペダル」実写映画化決定との発表があり注目を集めています。

主要キャストの発表もあり、特に主人公である小野田坂道役をKing & Prince(キンプリ)の永瀬廉くんが務めるとあって話題となっています。

永瀬廉くんがイケメン過ぎることが弱ペダ坂道役にはちょっと違う〜との意見が多く上がっているようです。

今回はそんな弱虫ペダル実写化に伴いネット上の反対意見や理由についてお届けしていこうと思います。

題して「弱虫ペダル実写化|永瀬廉の坂道は違う?イケメン過ぎると反対の声も!」という事でご紹介して参りますので、最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

弱虫ペダル実写化|永瀬廉の小野田坂道役は違う?

それでは永瀬くんが坂道役は違うと言われている理由についてみてみましょう・・

原作である弱虫ペダルの小野田坂道とはどんな人?

小野田坂道は地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きのオタクです。

原作設定での身長は165cmと小柄で細く、丸いメガネをかけています。そして体育会系の強引な威勢や威圧を苦手としているキャラですw

 

アニオタキャラで認知された坂道くんの実写映画化のキャストを聞いて、「それは違う」「キャラクターが合っていない〜」と言われる理由も理解できます。

また、原作は自転車競技漫画であり体格も小柄で印象的な坂道とは身長差でもかけ離れてしまいますね。

ネット上では、もちろん永瀬廉くんに対する批判がある訳ではありません。演技力やジャニーズだからという理由でもないですw

ただただ、原作を愛しているファンにとってはキャステイングによってイメージが崩れる事に違和感を感じてしまっているようですね!

以上のようにSNS上でもいくつかの理由から永瀬くんの坂道役はちょっと違う?と言われているようです。

弱虫ペダ実写映画化|永瀬廉の坂道はイケメン過ぎると反対の声も!

前述しているように、坂道役のイメージと永瀬くんがかけ離れているとの意見をご紹介いたしましたが、最も多いキャステイングミスとの反対理由は永瀬君がイケメンすぎるという事ですw

https://twitter.com/yowayowapdr/status/1218358808705003520

永瀬くんは他に適任役があるだろう・・というポジティブな反対意見が多くあります。

確かにイケメン過ぎる事が逆に原作ファンのイメージを壊しているのは否めないかも知れないですね。

 

全然違う物語に見えてしまう〜との懸念は拭えないようです。イメケン過ぎるから反対と言われてしまう永瀬君に対してもなんだか微妙な気持ちになってしまいますね・・・

まとめ

今回は「弱虫ペダル実写化|永瀬廉の坂道は違う?イケメン過ぎると反対の声も!」と題しましてご紹介してきました!

少し難しい問題かと思いますが、原作ファンやジャニーズファン、キンプリファン、永瀬くんのファンと皆さんそれぞれの見方がありますので賛否両論出てしまうのは仕方のないことかも知れませんね?

イケメン過ぎるとの理由から反対意見が出てしまうのも流石と言った感じではありますが、決定した以上、上映を楽しみに待ちたい気持ちもありますね(笑)

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!