業務内容

インバウンドコールセンターの職場環境は?1日の仕事の流れとは?

こんにちは!mizukiです。

今回はコールセンター業務の全体の流れについてふれていきたいと思います。

コールセンター業務ってどんな人が働いているのか?給料やシフトは?風通しはどうか?等

会社に入ってみないと分からない事をいくつかご紹介していきたいと思います。

コールセンター業務の1日の流れは??

ここからはトレーニングを終了し、一人前のオペレーターとして活躍できるレベルに達した

方の日常業務について説明していきます。朝会社に出社してから退社までどんな流れて進む

のか一般的なセンターの例を挙げていきますので参考にしてイメージできればと思います。

会社ですから朝礼からやります!

まずは、朝礼から始めるセンターがほとんどで、実際しないはセンターないでしょう。

一般的には朝礼開始前にパソコンやツール等を立ち上げて業務をすぐに開始できる準備を整

えます。朝礼の内容は、会社によって変わりますが朝は発生練習やセンターが掲げている目

標やお客様対応を行う姿勢について一人ずつ読み上げる職場もあるでしょう。また、前日ま

での成績や周知事項の展開等その日業務に必要な簡単なミーティングを行ったりもする事も

あります。


そして業務開始時間になったら受付開始!!!

当たり前ですが時間になったら受電を開始します。

独り立ちしたオペレーターは基本的に休憩時間以外はお客様対応のみを行う事になります。

休憩ってどのくらい取れるのか?

センターによって許容出来る時間や頻度は変わってくるのですが約1時間~1時間半くらい

に1回10分の休憩は取得可能になります!ただ、この休憩は非常に細かく管理されているセ

ンターも多くタイミングを逃すと休憩に入れなかった!!という場合もあるのです。

トイレ休憩は行けますが(笑)

何故かというとオペレーターさんが自分のタイミングだけで常に休憩に入れる訳ではなく、

センターレベルでこの時間は何人まで休憩に入ってもOKというしきい値を決めなくてはな

らないからです。オペレーターさんが好き勝手自分のタイミングで休憩に入ってしまうと

電話を取るオペレーターさんが1人もいなくなってしまう時間ができてしまうのです。

センターとしてそれは絶対避けなければないですよね?(笑)

勤務形態ってシフト制?

勤務形態はシフト制のセンターが多いです。

営業時間は様々

・24時間営業のセンター

・土日も勤務しているセンター

・平日のみ営業しているセンター

9時~18時営業のセンターであっても早番遅番があるのでシフト制で回っていく勤務形態に

なります。土日も出勤できる方が優遇されたりする事も多いのですが、こういった勤務の背

景もあったりするのです。

コールセンター業務でどんな人が多く働いているの?

働く年齢層の幅はかなり広いです。さらには年配の方も結構多く勤務されている印象で!!

コールセンターってかなりいろんな業種を扱っていたりしますし、一度経験すると再度別の

コールセンター会社に勤めたりする方は多いんですよね(笑)

あと、電話の仕事ですから直接お客様と顔を合わせる事もないしドレスコードがあまりうる

さくありません!!結構自由な恰好OKな場所が多いのも働きやすい業種の1つになってい

るのかもしれません。

※あまりにも華美と判断されると怒られる事もありますwww

まとめ

今回はコールセンター業務の仕事の流れや環境について説明しましたがいかがでしたでしょ

うか?ついでに補足しますがコールセンター業務って結構お金が良い!時給が高いところが

多いです!!まぁ業務自体楽ではないですが、働いている年齢層の幅も広く結構年の差を超

えた親しい友人が増える事も多いのは独特な職場環境なのかもしれませんね。

こういった環境をメリットと捉える事ができれば是非働いてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はここまで、最後まで読んでいただきありがとうございました。