エンタメ

鈴木健三(KENSO)の年齢や経歴は?現在の仕事も気になる!

みなさん!こんにちは!

リングネームを複数持つ鈴木健三さんはご存知でしょうか?

鈴木健三さんは、ゲイシャガールで世界的に有名な女子プロレスラーでもあった、鈴木ひろ子さんの旦那さんです。

奥様の鈴木ひろ子さんが有名になっている為か、2019年6月には大人気バラエティー番組である「激レアさんを連れてきた。」にもひろ子さんの旦那様として出演しました。

今回はそんな鈴木健三(KENSO)さんのこれまでについて調べてみました。

題して「鈴木健三(KENSO)の年齢や経歴は?現在の仕事も気になる!」という事でご紹介してまいりたいと思いますので最後までご覧頂ければ幸いです。

それでは、早速みていきましょうー!

スポンサーリンク

鈴木健三(KENSO)の年齢や経歴は?

鈴木健三さんは1974年7月25日生まれですので2019年現在では

44歳!という事になります。

本名:鈴木健三

リングネーム:KENSO KENZO ケンゾー・スズキ 鈴木健想 鈴木健三

ニックネーム:ミスター・パッション 極悪ワールド・スタンダード 暗闇の総帥

身長:191cm

体重:118kg

出身地:愛知県碧南市

経歴

刈谷北高校でラグビー始めて高校3年時には国体の愛知県選抜と高校日本代表に選出!

明治大学に1年遅れで編入し、明治大学ラグビー部に在籍

2年生からレギュラーポジションを獲得し大型ロックとして活躍する。

1996年より2年連続で大学日本一を経験!

98年にはラグビーマガジン誌上のファン投票によるベストフィフティーンにも選出

大学卒業後は東海テレビにUターン就職し、営業部に勤務したが退社。

プロレス

1999年4月1日、新日本プロレスに入団!

2000年1月4日の中西学戦で、鈴木健三としてデビュー

2003年にWJプロレスに移籍し大学の同窓でアナウンサーだった水野浩子と結婚する

2004年には同団体を退団

2005年にはハッスルと契約。

11月3日にはハッスル・マニアにて試合を行い、日本マットに復帰

その後、ハッスルの契約も切れ、メキシコCMLLに移籍。

2006年11月にはメキシコの英雄ミル・マスカラスの復活祭で、対戦相手に選ばれる

2007年3月、CMLLからライバル団体であるAAAに移籍

2007年11月、DRAGON GATEにマッスル・アウトローズの一員として短期間参戦

2010年AAAと契約更改せず、日本へ帰国

2010年7月25日、全日本プロレスにVOODOO-MURDERSの一員としてKENSOを名乗り乱入、欠場中で解説席に居た武藤敬司を流血に追いやった

2014年12月14日、後楽園ホールで行われた全日本プロレス「和田京平レフェリー40周年&還暦記念大会〜和田京平プロデュース〜」で鈴木鼓太郎を破り、GAORA TV チャンピオンシップを奪取!

2015年8月1日をもってフリーに転向

2016年DDTプロレスリングへの所属を高木三四郎に要求するもののこれをすべて断られている。また上海IGFのヘッドコーチとして活動もしている。

2017年2月17日、元GAORA王者Xとして全日本に久方ぶりの来場。3月12日に秋山準とGAORA王者決定戦のシングルを行う

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/KENSO_(プロレスラー)

WWE(アメリカ合衆国のプロレス団体)では妻のひろ子さんがディーヴァ契約を果たし、健三さんのパートナーとして「ゲイシャガール」の人気があがりましたね。

ひろ子さんの旦那さんとしても知られるようになったかもしれませんね。

鈴木健三(KENSO)の現在の仕事も気になる!

これまでプロレス人生を歩んでいましたが、2017年後半には共同テレビジョンに入社し、第3制作部に配属される。12月24日放送のBSフジ「反骨のプロレス魂」でプロデューサーとしてもデビューしています。

共同テレビ第3制作部

現在奥様の鈴木ひろ子さんは船橋市議会議員としても活躍しています。旦那さん共々プロレス人生から少し方向を変えて幸せそうな生活を続けているようですね。

奥様の鈴木ひろ子さんの経歴については以下でもご紹介しています。

鈴木ひろ子(ゲイシャガール)の年齢や経歴は?子供も気になる!

まとめ

今回は「鈴木健三(KENSO)の年齢や経歴は?現在の仕事も気になる!」と題しましてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

奥様のひろ子さんと一緒にプロレス人生を歩んだKENSOさんでした。奥様に取ってはなかなか壮絶な人生だったのかなと感じるのですが、結果的に現在は息子さんもいるようで家族幸せそうです。

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!