エンタメ

二宮和也なんでラジオ・ベイストで結婚報告?なぜ今更とネットの声も!

こんにちは!mikiです!

嵐の二宮和也さんが12月1日にレギュラー出演するbayfm「BAY STORM」で結婚報告をしました。

11月の12日に結婚を発表した後、テレビ番組やコンサートでも何もコメントをしていませんでしが、今回初めて二宮和也さんご本人の口から発表したとあって話題となっていますね。

話題となる理由については、やっと自分の口から発表した事や、なぜラジオで発表?という疑問もあるからという事でしょうね(笑)

今回は、なぜラジオ・ベイストにて突然結婚報告をしたの?今更?というネット上の声もあわせてお届けしていこうと思います。

題して「二宮和也なんでラジオ・ベイストで結婚報告?なぜ今更とネットの声も!」という事でご紹介して参りますので、最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

二宮和也(ニノ)なんでラジオ・ベイストで結婚報告?理由は?

なんでラジオで何故今更だったのでしょう??色々考察されますが・・・

  • 世間の反応もある為、年内どこかで一度は自分の言葉で報告するべきと判断した
  • ラジオであれば一方的に一言で済ませる事ができるから

ファンの間ではやっと二宮和也さんの口から直接報告を聞けてよかった・・・という声がある一方、なぜ今なんだ?という声やファンの気持ちを分かっていない!という批判の声も多くあがっているようです。

世間の反応もある為、どこかで一度は自分の言葉で報告するべきと判断した?

11月12日に結婚報道が流れ、FCには手書きのメッセージは流れていましたが口頭での報告はなし。

14日からは札幌コンサートが始まっていましたがここでもファンに向けたコメントはありませんでした。事務所の意向があったのかもしれませんが、なんで自分の口で報告をしないんだ?という意見は多くあがっていました。

今回はそろそろ、一度は自分の言葉で報告しましたよ!という実績が欲しかったのかもしれませんね?

しかし、ファンの間でも一番聞きたい事は「何故このタイミングで結婚をしたのか?」という点でしょうが、その点の説明はなし!

今回の結婚しました!という報告は文章を読み上げただけのようなコメントで批判されています。

とりあえず言えばいいでしょう?という雰囲気を感じるファンが少なくないのもこういった点でしょう・・

ラジオであれば一方的に一言で済ませる事ができるから

ベイストで、しかも突如エンディング時にコメントした事もなんで?と疑問があります。

前述しているように、とりあず報告しておこう!と読み取れるのが一方的に声だけでコメントして終われるからラジオ?と予想されるファンも多いです。

実際にFCに対して動画で配信しても良いと思われます。何故ならラジオは一部の地域向けに配信しているので、このコメントを聴けないファンもいるからです。

こういった部分もとりあず報告した実績作りといわれる理由かもしれません。FCのファンに対してもメッセージではなく、一部のベイストリスナーに対しての報告だった事も納得できないファンが多いのは理解できます。

いずれにしろ、様々なタイミングがずれているという事で批判されてしまうのは仕方ないのかもしれないですね?(笑)

もちろん、二宮和也さんのみ想う考えがあったり、事務所の意向で仕方なく動いている点があるかも?しれませんのであくまで参考程度の見解ですが・・

二宮和也ベイストで結婚報告!なぜ今更とネットの声も!

それでは、今回の突然の結婚報告のニュースをうけて、ネット上の声や意見もみてみましょう!

今更の結婚発表をしても・・・という声が多いですね。本当に聞きたっか結婚のタイミングについて回答していれば、また反応は違ったのかもしれませんが・・

現在も松潤や大野くんからお祝いのコメントがない点は、嵐の関係性も心配になりますね。

 

ニノが結婚報告を札幌ライブでしない理由は?違和感を感じる声も!こんにちは!mikiです! 2019年11月12日、国民的アイドル嵐のメンバーである二宮和也さんの結婚発表のニュースが流れて大きな...

 

まとめ

今回は「二宮和也なんでラジオ・ベイストで結婚報告?なぜ今更とネットの声も!」と題しましてご紹介してきました。

二宮和也さんには考えがあるのかもしれませんが、すでに結婚のタイミングやお相手に対する批判が多すぎたので何をやっても批判の声はでるのかもしれません(笑)

結果的には、嵐や嵐のファンよりも結婚相手の女性を取ったんだと言われても仕方ないのかもしれないですね。

活動休止まで待てなかった事に二宮さんの奥さんに対する優しではあるかもしれませんが、やっぱりまだモヤモヤする気持ちが残りますね(笑)

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!