エンタメ

宮迫博之なぜ復帰できない?許されない理由やピエール瀧との違いは何?

こんにちは!mikiです!

2020年2月3日、ピエール瀧さんが芸能界復帰するとニュースが流れ大変話題となりました。

ピエール瀧さんはコカインを摂取したとして、2018年3月に逮捕され麻薬取締法違反罪で執行猶予付きの有罪判決を受けていました。

来年公開の映画「ゾッキ」の撮影に2月から参加するようですが、このあまりにも早い復帰には世間も驚いているようです(笑)

復帰が早すぎる!という声も多く上がっているようですが、その一方で復帰に賛成し応援するコメントもたくさんあります。

同時に注目されたのが、闇営業問題でいまだ芸能活動に復帰出来ない宮迫博之さんです。

今回はなんで宮迫博之さんは世間から許されないのか?ピエール瀧さんの復帰報道によってネット上であがった声をまとめてお届けしていこうと思います。

題して「宮迫博之なぜ復帰できない?許されない理由やピエール瀧との違いは何?」という事でご紹介いたしますので最後までご覧いただけると幸いです。

それでは早速みていきましょー!

宮迫博之なぜ復帰できない?許されない理由は?なんで?

宮迫博之さんが世間から許されない理由は?

  • 闇営業問題発覚時の嘘が印象的でイメージが悪い
  • オフホワイト(不倫)発言も掘り起こされ印象が悪い
  • 謝罪が演技っぽいと思われイメージが悪い

~等、視聴者からの印象が悪く復帰できないのでは?という意見があります。

2019年吉本興業を介さずお金を受け取ったとして「闇営業問題」という事がしばらく世間を騒がせていましたね(笑)

宮迫博之さんとロンブー亮さんは謝罪会見を行い吉本興業の闇を暴露したような展開もあり、注目されていました。

そんな二人は2019年6月から謹慎期間に入っており、2020年1月30日に謹慎期間を終えました。

ロンブー亮さんは復帰会見を開き、芸能活動を復帰する事になりましたね。

世間からも応援される形で亮さんは復帰したと言えるでしょう。

一方、宮迫博之さんはYouTuberとして動画を配信し謝罪を含め発信しました。

しかし・・・この宮迫さんのYouTuberとしての復活は世間から大きな批判を浴びました。

有名なYouTuberとコラボする等、活動としては頑張っているのかもしれませんが、タイミングも含めなぜ今YouTubeなのか?と疑問視される意見も多く出ています。

これは一般視聴者に限らず、同じ芸人の仲間からも懸念されているところをみると、やはり何かと悪いイメージが払しょくできないようですね。

イメージも回復せず芸能界に復帰できない可能性は高いですね。

宮迫博之なんで許されない?ピエール瀧との違いは何?

https://twitter.com/motohage/status/1223929208679743493

ピエール瀧との違いは?

ピエール瀧さんや田村亮さんと宮迫博之さんとの大きな違いは・・・

芸能界とYouTubeという、戻る場所が違う点、芸能界からの信頼、貢献度に違いがあるようです。

ピエール瀧さんは、しっかりと俳優業として元の現場を復帰場所として返り咲くわけですが、宮迫さんはYouTubeで復帰を果たした点は批判されている理由の1つかもしれません。

有罪判決を受けているピエール瀧さんですが、復帰には山田孝之さんの強い後押しもあったそうです。

役者として尊敬される存在であったピエール瀧さんは多くの方から支持されているも事実ですし、世間からも認められ許されつつある風潮になっているようです。

宮迫さんは、雨上がり決死隊として蛍原さんの隣で復帰したいという望みがありながらも、独断でYouTubeという場所に立った事で、また選択を誤った可能性もあります。

戻る場所はテレビであって欲しかった視聴者は多かったのかもしれませんね。

もちろん、批判的な意見ばかりではなくピエール瀧さんが復帰できたのであれば宮迫さんだってそろそろ復帰してもいいのでは?という声も多くあります。

世間の反応もみてみましょう!

https://twitter.com/vazamu_0914/status/1224125065920299008

様々な意見はありますが、復帰出来るor出来ないの線引きは難しいですね(笑)

まとめ

今回は「宮迫博之はなぜ許されない?ピエール瀧との違いや世間の声も紹介!」と題しましてご紹介いたしました。

宮迫博之さんだけではなく、徳井さんの復帰も気にある方は多いようですよね?(笑)

今回のピエール瀧さんの芸能界復帰は2019年に謹慎になった芸能人が比べられるてしまうので仕方ありませんので、今後も様々な展開が気になりますね。

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!