CM

シャディ2019年お中元CM女優は誰?着物美人の経歴も気になる!

みなさん!こんにちは!

2019年!令和時代も進んでいますが、そろそろお中元の季節がやってきますね!

6月からはシャディ2019年お中元の新CMが放送されていますね!

このCMでは着物を着た3名の女優がカーリングを行い、「スベらない]お中元という

キャッチフレーズと共に印象に残るCMではないでしょうか?(笑)

今回はその中でもお中元をカーリングのストーンに見立てて滑っている

女優さんについて調べてみました!

題して「シャディ2019年お中元CM女優は誰?着物美人の経歴も気になる!」

という事でご紹介してまいりたいと思いますので、最後までご覧頂ければ幸いです。

それでは、早速みていきましょー!

スポンサーリンク

シャディ2019年お中元CM女優は誰?

シャディ 2019年お中元「スベらない」篇CM女優は

朝倉あきさんです!!

 

もしかすると、「あぁー!知ってる!」とご存知の方も多いかもしれませんが

これまでも、かなり多くのテレビドラマ、映画、舞台、CMと

活躍されている日本の女優さんなんですね!

今回のCMのように着物を着ていると新鮮に見えますし、どうしても

着物姿でのカーリングは、インパクトが強いのでそちらに気をとらえてしまいますね。

シャディ2019年お中元CM着物美人の経歴も気になる!

それではシャディ2019のお中元CMの着物美人である「朝倉あき」さんの

経歴も気になるので見てみましょう!

朝倉あき(あさくら あき)

生年月日:1991年9月23日

年齢:27歳 (2019年6月時点)

出生地:福岡県朝倉市

出身地:神奈川県

身長:165cm

血液型:B型

趣味:読書、映画鑑賞

特技:身体が柔らかい(新体操歴あり)

職業:女優

ジャンル:映画・テレビドラマ・CM

活動期間:2007年

事務所:コニイ

テレビドラマも数多く出演していますね!

2006年:第6回東宝シンデレラオーディション受賞は逃すが東宝芸能の所属になる

2007年:NHK BS 「わたしが子どもだったころ(女優・斉藤由貴」で初めて役者を務める

2008年2月公開「歓喜の歌」初の映画出演

2010年1月「とめはねっ! 鈴里高校書道部」でテレビドラマ初主演

9月には「てっぱん」で朝の連続テレビ小説に初出演、

瀧本美織が演じるヒロインの親友役を演じた。

2011年:渡辺謙がスマートフォンに扮したNTTドコモのCM「上京篇」に出演

2013年11月公開のスタジオジブリのアニメ映画

「かぐや姫の物語」でヒロインのかぐや姫の声に抜擢

2014年3月31日付で東宝芸能と契約を終了。芸能活動を一時休止し

1年間事務のアルバイトをしていた

2015年に芸能事務所コニイの所属となり、2月に放送されたNHK-FMの

ラジオドラマ青春アドベンチャー「ニコイナ食堂」で活動を再開

9月公開の『ハロウィンナイトメア』で実写映画初主演

2017年:主演した「四月の永い夢」が、第39回モスクワ国際映画祭の

国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰を受賞

2019年4月スタート「『歌舞伎町弁護人 凜花」(BSテレビ東京)で民放連続ドラマ初主演

有名なのが下町ロケットでの女性エンジニアの加納アキ役でしょうか!!

 

歌舞伎町弁護人 凜花では、これまで清純派のイメージが強かった朝倉あきさんもちょっとアダルトな女優さんの一面も見せていますね。

この朝倉あきさんもかなりいいと思います(笑)

その他、2011年~2019年までの間に数々の有名ドラマやCM、舞台に出演しています。

今回のシャディ2019年お中元CMも女優「朝倉あき」さんとしてしっかりと

印象に残る映像となっていますね(笑)

朝倉あきさんの彼氏や結婚の情報は?

2014年の3月~2015年にかけて芸能活動を休止していた事から、その期間には結婚や妊娠などが噂されて経緯はあったようですが、実際には現在も結婚されていないようです。

彼氏がいる!という情報も見当たりませんので、現在はいないのかもしれないですね!

朝倉あきさんの経歴や過去のCM出演作品は以下でもご紹介!参考にどうぞ!

朝倉あきの年齢や経歴は?ドラマや映画・CM出演作品も気になる!

まとめ

今回は「シャディ2019年お中元CM女優は誰?着物美人の経歴も気になる!」

と題しましてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

着物姿の朝倉あきさんもかなり素敵ですね!

知名度も低くはないはずですので、ご存知だった方も今回のCMを機に

気になった方も多くいらっしゃるかもしれませんね!

まだまだ、これから活躍していく女優さんだと思います。

それでは、今回はここまで!最後までご覧いただきありがとうございました!